廃墟店長

廃墟大好きな店長のブログです。

2017年05月

大阪への出張帰りに実家に戻る機会があり、友人をドライブへ誘ったら春日鉱山に行くことに。
最初は徳山ダムへ行く予定だったが、
何気に近い割に一度も行ったことがないという春日鉱山に変更。

到着したのは午前3時。何も見えない状態なので車中で一眠り。
起きると大規模な鉱山跡が姿を現わすのである!!!


中へ進む。。


中へ進んだのだが、
中身がまるで狭く何もない。
まさに自分のようだ。。
戻ってもう一枚写真を撮って帰った。

おまけ
リバーサイドモール
解体前にもう一度行ってみた。

すてに大きくリバーサイドモールと書かれた看板はない状態。

いとかなし。

恵那峡ロープウェイとセットで先に、
黒谷自然公園へと向かったのだが、
山道を登る際に行く先々で熊蜂に襲われそうになり、断念。
山道がとても狭く、20m進んだら熊蜂が現れ、また20m進んだら熊蜂が現れと続き、これが2km続くとなるといつまでたってもつくことができないと思い、諦めた。
そして、恵那峡ロープウェイへ。

もし奥多摩ロープウェイがこの形状だったとすると、もっと盛り上がってたのでは?と感じた。
岐阜にあるという特性からか絵にもなるし、綺麗だとは思うが、イマイチ盛り上がりを感じられない所が残念。

酷道417号線に行く途中、
ちょうどこの辺に発電所跡みたいなのがあったと思い出し、八百津発電所へ。


産業遺構として残ってるのは、とても良いが、ただ保存され改修されてしまう跡が所々に見えてしまったのは残念。

岐阜に帰省したということもあり、絶賛解体中のリバーサイドモールへ。

親から聞くと自分が幼少期の頃によく連れて行ってもらったらしいが、あまり覚えていない。




昔はここでももクロのライブをやっていたそう。


下に降りようとした時、人の声がきこえてきたので、ここで退散。


おまけ
LCワールド本巣


絶賛解体中のため、中はもぬけの殻で、マネキンやゲーム機はなかったな〜。

ごと

↑このページのトップヘ